島国時々更新日記

日本ではない南の島国で知ったことを書いていきます

【ドイツ】サプライチェーン・デューディリジェンス法(Lieferkettensorgfaltspflichtengesetz(LkSG))の内容(12)

3月21日のブログ記事に続く内容です。

Lieferkettensorgfaltspflichtengesetz(サプライチェーンデューディリジェンス法)

https://www.bgbl.de/xaver/bgbl/start.xav?startbk=Bundesanzeiger_BGBl&jumpTo=bgbl121s2959.pdf

 

第4節 行政による管理と実施

第3款 所管の省庁、助言・指導、事業報告

第19条 所管の官庁

(1)連邦経済・輸出管理庁がLkSGに基づく管理や実施を担います。また、連邦経済・エネルギー省(現在は連邦経済・気候保護省)がこの法律を所管し、同省は連邦社会・雇用省と協力して事に当たります。

(2)所管の官庁は、自身の責務を果たす際には、リスクに基づくアプローチを行います。

 

第20条 助言

所管の官庁は、産業部門を超えた、または各産業部門に特化した、LkSG遵守のための情報、援助の場、推奨を公開し、関係する省庁と調整します。情報、援助の場、推奨が外交政策上の重要性を持つ場合には、それらを公開する前に連邦外務省の同意が必要としています。

 

第21条 年次報告書

(1)連邦経済・輸出管理庁は、年に一度、LkSGに基づく管理や実施の状況について報告書を作成、公開します。初回報告書は2022年に作成し、同庁ウェブサイトで公開します。

(2)報告書には、同庁が把握した法違反や指示した是正措置についての記述を盛り込みます。第12条により同庁に提出された企業の報告書(1月30日ブログ記事参照)の評価も盛り込みますが、その際にはそこで言及する企業の実名は出さないとしています。